センター関係者メッセージ

センター長メッセージ

川勝 健志(センター長 公共政策学部教授)

 

 昨年4月にセンター長に就任し、早くも2年目を迎えました。昨年度はコロナ禍に見舞われ、地域の方々と対面で交流する機会が大きく制約されましたが、その一方で仲間と話し合う機会が増えたように思います。

 当センターのパートナーともいうべき遠方の仲間とも、オンラインだからこそできる高頻度な交流が活発化しつつあります。仲間とのコミュニケーションと多様な人的ネットワークの構築は、私が常に大切にしてきたことであり、次世代につながる新しい価値を創造するうえでも欠かせないものです。

 今年度はセンター独自のウェブサイトや「(仮称)まちづくり人材育成プログラムin京都」の立ち上げなどにも挑戦します。私たちの新たな試みを、皆様にもワクワクして頂けるようなものにつくり上げていきたいと思っています。

副センター長メッセージ

宮藤 久士(副センター長 生命環境科学研究科教授)

 

 2020年度は、コロナウイルス感染拡大により世界が未曾有の危機に陥り、本学も例外ではありませんでした。大学の主役である学生は登校できず、講義はリモートで行われ、教職員の働き方もテレワークが推奨されるなど、ニューノーマルが始まることとなりました。

 ワクチン開発など、様々な対策が進んできてはおりますが、感染拡大の波は増減を繰り返し、いまだ収束の見通しは立っておりません。そのような研究教育活動が満足に行えない中でも、京都地域未来創造センターではリモートやテレワークなどの工夫を行うとともに、多くの方々のご協力、ご理解をいただきながら、調査研究事業やセミナーの開催など、本年度も様々な地域貢献活動を行って参りました。

 まだまだ大変な状況が続きますが、今後も地域の皆様のお役に立つ貢献を続けて参りたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

統括マネージャーメッセージ

上杉 和央(統括マネージャー 文学部准教授)

 

 2020年度はコロナウィルスの影響で、京都地域未来創造センター(KIRP)の活動も大幅な変更を余儀なくされました。大学全体もそうでしたが、KIRPの活動にとって2020年度は「冬」の時代だったといってよいと思います。ただ、寒い冬の後には必ず春が来ます。春に花を咲かせるためには、冬をいかに過ごすかが大切です。この1年間、KIRPはKIRPとしてできること、これからしたいことを考えてきました。

 たとえば、2週間に1度の定例会議、市町村や他大学・機関との意見交換について、対面だけではなくオンラインを積極的に活用し、オンラインのメリット・デメリットを検証していきました。また、そうしたオンラインも利用したいくつかの研究会・ヒアリングの実施を通じて、今後の展開にむけた材料集めもおこないました。

 KIRPが展開するための環境づくりをする期間という意味では有意義な1年だったように思います。この2020年度事業報告書は、そうした環境づくりの一端をご報告しています。ちゃんと花を咲かせられるだけの環境づくりができているかどうかを含め、どうぞ忌憚のないご意見をいただければ幸いです。また、今後の環境づくりや花づくりにもぜひご協力をお願いします。