地域貢献型特別研究(府大ACTR)

京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)とは、「地域に貢献する学術研究」を意味するACTR : Academic Contribution To Regionの頭文字をとってACTR(アクター)と呼ばれています。

2004年から毎年、京都府立大学の教員が持つ人文・自然・社会科学に重点をおく特色ある知識を活かし、京都府内の市町村、府内に立地する企業、NPO等から寄せられた地域課題の提案に対して共同研究を行うことで、京都府内の地域振興や産業・文化の発展等に貢献することを目的とし、実施しています。

ACTRの図

タイムテーブル

1月下旬~2月中旬 ① 地域課題・研究のテーマの募集
② テーマの提案
2月下旬~3月中旬 ③ 提案課題・テーマに関わる研究の募集
④ 研究計画書の提出
4月~5月中旬 ⑤ 書類審査・審査委員会
審査決定後 ⑥ 採否の決定・通知
決定後~3月末まで ⑦ 府大ACTRの開始

応募・お問い合わせ

京都府立大学の研究者と協働で取り組みたい地域の研究課題等がございましたら下記フォームもしくはお電話にて京都地域未来創造センター担当までご連絡ください。

ACTR応募・問い合わせ