受託研究・受託事業

まちづくりや少子高齢化対応等の地域課題を解決するため、自治体等からの依頼により、大学の専門性を活かした基礎的な調査研究を行います。また、地域づくりや人材育成のための支援として、政策立案への助言、現状分析、地域資源の発掘、住民の合意形成のための伴走型支援を実施しています。

主な受託研究・受託事業

  • 京都府との共同研究(2009年度~2016年度)
  • 宇治市・西小倉地域における市民との協働型まちづくりに関する調査(宇治市)2018年~2020年度
  • 新型コロナウイルス感染拡大による学生への影響調査に関する分析業務(京都府)2020年度
  • 政策研究型職員提案事業に関わる指導業務(八幡市)2019年度
  • 海外行政調査研究プログラム指導助言(京都府市町村振興協会)2017年度~2019年度
  • 宇治田原町での学生提案によるシティプロモーション冊子の作成とプロモーション(宇治田原町)2016年度