京都府北部地域におけるアルコール・薬物乱用・依存に関する初期相談のあり方に関する研究

研究活動の要約

本研究では、京都府北部地域におけるアルコールおよび薬物問題でお困りの方の実態と回復に向けてのニーズ、その家族が直面している心理・社会的困難とニーズ等について把握し、それらを踏まえた相談・支援のあり方を検討するために、以下の活動を実施した。
(1)アルコール・薬物の問題でお困りの方を対象とするピアグループミーティング
 (舞鶴市内において1ケ月に1回、合計11回)
(2)アルコール・薬物の問題でお困りの方の家族等を対象とするグループミーティング
 (舞鶴市内において1ケ月に1回、合計11回)
(3)アルコール・薬物の問題でお困りの方とそのご家族のニーズについてのデータの収集と分析
(4)一般住民を対象とした、アルコール・薬物問題に関する相談・支援の利用のしやすさに関するアンケート調査
(5)先行研究のレビュー等によるアルコール・薬物問題に関する効果的啓発の検討

採択年2010
対象地域未選択
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル京都府北部地域におけるアルコール・薬物乱用・依存に関する初期相談のあり方に関する研究 (PDF, 165 KB)