京都府北部地域における聴覚障害者の社会参加に関する実態調査と今後の福祉施策の提言

研究活動の要約

・京都聴覚言語障害者福祉協会と協同して、福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹後市、伊根町、与謝野町の「北部5市2町」の協力を得て、聴覚障害による障害者手帳を所持している方全員を対象とした調査を実施した(調査票を成人向け1,752通、児童向け44通を発送、回収率は各49%、50%で、郵送法としては高い率であった)。
・京都府健康福祉部障害支援課精神・社会参加担当課長、京都府社会福祉協議会福祉部長、京都生活協同組合両丹ブロック事務局長ほか、8名から成る調査委員会を組織した。
・提言を含む『調査報告書』(118頁)を350部作成し、行政や関係団体100箇所に送付した。

採択年2013
対象地域未選択
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル京都府北部地域における聴覚障害者の社会参加に関する実態調査と今後の福祉施策の提言 (PDF, 163 KB)