ブドウの新たな品質特性「皮ごと食べやすさ」の評価手法の確立と、品質に影響を及ぼす環境要因の解明

研究活動の要約

消費者の簡便化志向に即し、ブドウにおいても「食べるのに手間がかからない」、無核で果皮が薄く、皮の渋味が少ないブドウ品種が輸入され、日本各地においても、剥皮せずに果粒ごと(果皮ごと)食べるブドウ‘シャインマスカット’などが普及してきている。

京都府内全域でも果粒ごと食する‘シャインマスカット’の栽培普及が計画されている。

しかし、‘シャインマスカット’の果皮は栽培環境や収穫時期などにより果皮が噛み切りにくくなる可能性が指摘されており、また、現状では客観的に評価する手法がない。

無核で果粒ごと食べることのできる‘シャインマスカット’の特性を客観的に評価し指標で表す手法の確立と、それを栽培技術や収穫指標に活かすことが本研究の概要である。

採択年2014
対象地域未選択
種類
キィワードキィワード未設定
ファイルブドウの新たな品質特性「皮ごと食べやすさ」の評価手法の確立と、品質に影響を及ぼす環境要因の解明 (PDF, 329 KB)