京都府北部の生物多様性の解明と保全、ならびに地域学術情報の集積と探求拠点の構築に関する研究

研究活動の要約

京都府北部の動植物相とその現状を把握し、その自然資源を地域資源として活用することで文化的および学術的な北部の発展に資する目的で、野外における貴重生物分布と生態調査、海浜植物の遺伝構造解析、文化財(天然記念物)の現状調査を遂行し、その成果を印刷物としてとりまとめて配布するとともに、地元会館で成果発表会とシンポジウムを開催した。成果は地域の文化-環境学習および京都府レッドデータリストに反映される。

採択年2011
対象地域未選択
種類
キィワード
ファイル京都府北部の生物多様性の解明と保全、ならびに地域学術情報の集積と探求拠点の構築に関する研究 (PDF, 1 MB)