品質を保ちつつ,効率的に楮の樹皮の黒皮を削り白皮にする方法,及び,樹皮や残った芯の和紙以外への有効活用

研究活動の要約

京都府指定無形文化財である黒谷和紙(くろたにわし)の原料となる楮(コウゾ)の大部分は京都府綾部市白道路(はそうじ)で栽培されているが,外国産の安価な原料等に押され,採算が合わず生産を続けていく可能性を見いだすのが困難な状況にある。
伝統産業継続のためにも楮の無理のない,また,新しい有用な利用方法の開拓が急務であり,本研究においては,和紙製造に重要な楮の外皮の有効な分離方法の開拓と,従来は廃棄されてきた楮の芯部分の有効利用を主目的として研究を行った。特に,本年度は楮の芯の極めて美しい形状,外観,および内部構造を活かす利用方法として,環境浄化機能発現が可能か,を中心として研究を行った。

採択年2013
対象地域未選択
種類
キィワード
ファイル品質を保ちつつ,効率的に楮の樹皮の黒皮を削り白皮にする方法,及び,樹皮や残った芯の和紙以外への有効活用 (PDF, 576 KB)