チャの栽培における過度の被覆による樹勢低下回避を目指した被覆に対するストレス応答の解析

研究活動の要約

京都府の宇治茶栽培では、被覆栽培という手法で抹茶の原料となるてん茶や玉露などの高級茶を生産しています。付加価値の高い被覆茶をより多く収穫するために、従来は一番茶(4月〜5月に栽培・収穫される茶)でのみ行われていた被覆栽培を、二番茶(一番茶の収穫後、6月〜7月に栽培・収穫される茶)にも適用する例が近年増えています。その結果、複数年にわたる長期間の被覆栽培で、茶樹がストレスを受けて弱体化し収量低下が問題となっています。そこで、被覆栽培によってチャが受けるストレスを明らかにするため、圃場において被覆を外した直後のチャのストレス応答を調査しました。

採択年2013
対象地域宇治市
種類
キィワードキィワード未設定
ファイルチャの栽培における過度の被覆による樹勢低下回避を目指した被覆に対するストレス応答の解析 (PDF, 344 KB)