京野菜および花き作物の細胞構造から見た品質評価

研究活動の要約

京野菜やコギク等花き作物の品質向上は、日本に根付く文化を守り向上させるために欠かせない。本研究では①近年需要が増加している九条ネギの葉折れや食感の細胞レベルでの解析、②紫ずきんの黒豆完熟期の経時観察と気候データの照らし合わせ、③盆小菊の開花が予測できる形態指標の確立、の3つの研究を行った。

採択年2014
対象地域未選択
種類
キィワード
ファイル京野菜および花き作物の細胞構造から見た品質評価 (PDF, 382 KB)