京都府北部の生物多様性の解明と保全、ならびに地域学術情報の集積と探求拠点の構築に関する研究

研究活動の要約

文化財「冠島」と観光地「琴引浜」の貴重な自然資源の実態とその保全策に資する生物資源情報を植物と昆虫に注目して収集した。特に,無人島の自然遷移,ならびに海浜生態系の絶滅危惧種の生息状況を把握した。また,舞鶴市に起源する京野菜の栽培において生物農薬として利用可能な天敵昆虫を舞鶴市において探索して有望種を抽出し,その利用に資する休眠性の解明をおこなった。これらは,京野菜栽培における化学合成農薬使用の低減,ならびに文化財と観光資源の保全と利用に活用できることから,報告文や舞鶴市での成果報告会,鳴き砂文化館での講演会を通じて市民に広く公表した。

採択年2012
対象地域未選択
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル京都府北部の生物多様性の解明と保全、ならびに地域学術情報の集積と探求拠点の構築に関する研究 (PDF, 444 KB)