脱炭素化社会を実現する観点から見る大学生・小学生と地域住民の意識と行動の変容に関する調査研究

研究活動の要約

南丹市美山大野区をフィールドとしている美山木匠塾の活動は、5月現地調査、9月に制作合宿を行い移動式のミニ茶室を制作し、10月の運動会・感謝祭において、住民に披露をした。また、地域の活性化を目指して、ホームステイを含めて現地調査を行い、大野区を紹介するリーフレットを作成し、広く配布した。この活動のプロセスによる学生と住民の意識の変化を調査し、分析した。
学生の温暖化対策に関する意識調査を行って、約200名から回収して分析を行った。
小学生の環境教育である夏休み省エネチャレンジは、140校19,000世帯以上が参加しており、このデータを分析して、考察した。

採択年2017
対象地域南丹市
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル脱炭素化社会を実現する観点から見る大学生・小学生と地域住民の意識と行動の変容に関する調査研究 (PDF, 670 KB)