府立大学で育成したダイショの精華町における特産物化および緑のカーテンとしての普及

研究活動の要約

京都府立大学で育成したヤマノイモ科植物のダイショの苗生産をJA京都やましろ精華町花卉部会に技術移転し,精華町ならびにJA京都やましろ精華町花卉部会と連携してPRを行い,「洛いも」というブランド名をつけ,地域特産物化を目指した.精華町内の保育所や小・中学校などの教育機関あるいは町役場に苗を配布して,グリーンカーテンとして栽培し、広く一般へPRして普及を目指した.また同時に,精華町農家において生産されたイモの地域特産物化を図るために,11月に開催された精華祭りでのPRおよび販売を行い、購買層の調査ならびにアンケート調査を行い,洛いものブランド化へ向けたマーケティング戦略のための基礎的データを得た.さらに保育園等での食材として利用するなど、一般への周知を深めた.さらに,グリーンカーテンとしての機能向上およびイモの品質向上のための基礎的データを得た.

採択年2013
対象地域精華町
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル府立大学で育成したダイショの精華町における特産物化および緑のカーテンとしての普及 (PDF, 1 MB)