舞鶴市街地を赤煉瓦の景観にかえる取り組み

研究活動の要約

本研究は、平成25年に包括協定を締結した舞鶴市と本学の連携の一貫として取組まれるに至ったACTRの継続研究である。
平成26年度は、本学の教員と舞鶴市内の「赤れんが」に関心の高い事業者、公務員、NPOスタッフ・杉岡ゼミ生(オブザーバー)による研究会「赤れんがまちづくり研究会」を継続開催し(月一回)、研究会内で議論を重ねつつ、ヒアリング調査及び先進事例調査(国内)、市民アンケート調査を行い、最終的に成果報告会にて広く社会に成果を報告した。
【具体的経過】
(平成26年度実績)
・7月13日:第1回研究会(舞鶴)
 今年度の活動方針の確認
・8月13日:第2回研究会(舞鶴)
 富岡製糸場視察報告
・9月19日:第3回研究会(舞鶴)
 松井功氏(松井理髪店)による話題提供
・10月18日:第4回研究会(舞鶴)
 三橋教授によるエコミュージアムについての話題提供、舞鶴赤れんがフェスタにて、アンケート・ヒアリング調査を実施
・11月24日:第5回研究会(舞鶴)
 瀬野祐太氏による話題提供。杉岡ゼミ生による赤れんがまちづくり条例案発表
・12月7日:京都から発信する政策研究交流大会に出場。京都市長賞受賞
・12月23日:第6回研究会(舞鶴)
 谷川真司議員による話題提供
・2月24日:成果報告会(舞鶴)
 学生による、まちづくり政策・まちづくり条例の展示、QBB赤煉瓦工房による販売・体験コーナーの設置、三橋教授によるミニ講義

採択年2014
対象地域舞鶴市
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル舞鶴市街地を赤煉瓦の景観にかえる取り組み (PDF, 406 KB)