丹後地域における里山林萌芽更新の可能性と里山林整備損益分析

研究活動の要約

京丹後市では人工林の整備、広葉樹林の里山利用を通して木質資源の利用促進を図っており、人工林の整備をする際に周辺の広葉樹林も伐採する施業を実施している。このような人工林と広葉樹林の整備を持続的に実施するには 1)採算性があっていること、2)広葉樹林の再生が見込まれることが条件となる。このため、本研究では地理情報システム(GIS)ソフトの機能の一つである Network Analyst を用いて、人工林のA地区でコスト分析を実施し、実際の採算性と比較することで、手法を確立するとともに、京丹後市全域の人工林と広葉樹林を組み合わせた施業をした際のコスト分析を実施した。また、里山林整備跡地に防鹿柵を設置し、柵の内外の萌芽再生状況および実生再生状況を調査し、整備したコナラ林が再生する可能性や今後の植生について考察した。

採択年2015
対象地域京丹後市
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル丹後地域における里山林萌芽更新の可能性と里山林整備損益分析 (PDF, 775 KB)