京丹後市域の文化遺産の活用を通した地域・学校連携の構築

研究活動の要約

これまで京丹後市大宮町所在の大宮売神社の所蔵資料について調査を継続的に実施してきました。平成29年は、京丹後市立丹後古代の里資料館で、その成果を市民に公表すべく、特別展「大宮売神社~古代祭祀とその後の展開~」が行われることになりました。その企画に加わるとともに、子供向けの体験会や、資料館での展示解説を行いました。さらに、大宮売神社と周辺の建造物、石造物、景観の調査を実施し、これまでの成果を合わせて報告を作成し、『舞鶴・京丹後地域の文化遺産』(京都府立大学文化遺産叢書第14集)に載せました。また、これらの文化遺産に対する調査に際し、地元の京都府立宮津高校の探究部歴史班と共同作業を行い、大学生と高校生の間で意見交換などを行いました。

採択年2017
対象地域京丹後市
種類
キィワードキィワード未設定
ファイル京丹後市域の文化遺産の活用を通した地域・学校連携の構築 (PDF, 551 KB)