地元産原料に根ざした黒谷和紙製品の機能化と多角化

研究活動の要約

和紙の「原料」として用いられる「コウゾ」と「ミツマタ」。同じような植物か?というと、実はコウゾは「クワ科」一方のミツマタは「ジンチョウゲ科」と異なっている。このことから、平成29年度は、
第1に、コウゾとミツマタを比較し、それぞれの特徴を基に、その類似点と相違点を明かにすることを試みた。特に、経験的に知られている「ミツマタはシカが喰わない」の原因の究明を試みた。
第2に、我々が府大ACTRで確立したコウゾの炭化条件が、ミツマタにも応用可能か?を検討し、生成したミツマタ炭についてコウゾ炭との比較を行った。
第3に、コウゾ炭から様々な機能性インクの創製と、その利用について初期的研究を開始した。

採択年2017
対象地域未選択
種類
キィワード
ファイル地元産原料に根ざした黒谷和紙製品の機能化と多角化 (PDF, 282 KB)