京都特産農産物の産業振興に向けた成分の優位性に関する分析

研究活動の要約

本研究は、京野菜や京都在来果樹の生産拡大と新たな需要増加に直接寄与するため、食品機能性や栽培マニュアルの実証・確立を目的としている.令和元年度(研究1年目)は城陽市の特産梅である「城州白」など、過去に科学的分析が全く行われていない京都の特産品目を対象として、以下の研究活動を実施した.
1)「城州白」の果実成分分析:他品種との比較調査による特異性の実証
2)「京野菜」および「城州白」の食品機能性評価:抗がん作用の有無など
3)効率的な苗木生産技術の確立:接ぎ木や挿し木による繁殖技術の検討

採択年2019
対象地域未選択
種類
キィワード
ファイル京都特産農産物の産業振興に向けた成分の優位性に関する分析 (PDF, 506 KB)